×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

今日中にお金借りたい!【スマホで最短審査】キャッシング

今日中にお金借りたい!カードキャッシング消費者金融系の審査は銀行系よりも融資率が高い、担当者がその人を見るから、金融会社にも借入情報など違ってきたりします。

today_648.jpg

今日中にお金借りたい

  1. スピード審査に対応するために
  2. 基本はネット申込、そして在籍確認がポイント
  3. 夜の即日融資はやっぱり無理?
  4. 即日融資と金融事故
  5. 即日融資、中小消費者金融は難しい
today_648.jpg

スピード審査に対応するために

消費者金融や銀行カードローンの申込は即日融資の場合が多いです。
ですから、今日中の現金入手は可能です。
しかし、審査の時間によっては、それがかなわないこともあるので、申込はなるべく早くが大原則です。

キャッシング審査やカードローン審査は、各金融機関によって時間のかかり方が違います。
よく1時間とか45分というようなスピード審査をうたっていますが、これはあくまでも最短です。
極端な例ですが、申込→すぐ審査であれば、可能ですが、他の業務があったり、すぐに審査ができない状態にあれば、1時間では済まないことも多いです。

審査内容は、消費者金融や銀行ではコンピューターで行うのですが、提出される書類(WEB申込なら添付画像)の不備も審査時間に影響します。
本人確認書類などが鮮明ではない、正しいものではないなどです。
最終的な審査では在籍確認を行うのですが、勤務先への連絡です。
これも、一応会社の固定電話になっていますが、たまたま社員が出払って電話に出ない、在籍確認ができないと審査は終わりません。
最悪なのが、あなたはここにいませんと言われてしまうことです。

勤務先は虚偽ではないのですが、たまたま電話口に出た方が存在を知らない、新入社員だったり、何かの手違いになることで、在籍確認が失敗することもあります。
そうすると、在籍確認に時間がかかることもあります。
今日中の振込キャッシングで、銀行の営業時間に間に合わないと、受け取ることができません。
カードローン商品の場合、自動契約機などでの発行ですと今日中のキャッシングも可能ですが、最初は振込、後にカード発行ということになると、そのタイムラグも大きな痛手になってしまうわけです。

  今日中になんとかキャッシングをするためには、
  • 申込は早めに
  • 必要提出書類は用意しておく
  • 在籍確認ができる環境にしておく
ことが肝心です。 在籍確認は申込者は会社にいる必要がないのですが、いることができれば安心です。
なお、スピード審査も在籍確認もその日のうちに完結するのは大手消費者金融や銀行カードローンの場合です。
そう明記していない消費者金融などの金融機関の場合は、その日の審査を行わない可能性があり、在籍確認もいつ行われるかわからないです。
一応、ホームページを確認して、即日融資ではないときには、このようなスピード審査はないものだと思ってください。
 
today_648.jpg

基本はネット申込、そして在籍確認がポイント

今日中にお金がほしい方は、金融機関への申込をネットで行うのは大原則です。
その時に画像処理ができるかどうかも大きな鍵になります。
借りたい消費者金融や銀行が、そばにあるときには、必要提出書類を持参で来店してください。
しかし、実はネットの方が処理は早いと言います。
自動契約機がある消費者金融などでは、最初に、ネットで申込、自動契約機でカード発行がスムーズです。
振込キャッシングではなく、カードさえ入手できれば、いつでもキャッシングができます。
それにしても、現在の基本はネット申込です。

申込が終われば審査です。
カード会社では、この審査はいち早く行われますが、それはコンピューターで行っているからです。
ですから、ネット申込が早いということです。
データ処理で審査をしていくと、その方のキャッシング状態を調べます。
問題がない場合は合格は在籍確認に移ります。

在籍確認は、勤務先への電話です。
◯◯さんはいますか?と個人名でお伺いをするだけのシンプルなものです。
◯◯消費者金融ですがとか、◯◯銀行のカードローン係でというような事は絶対にないので、普通の私用電話として処理されることでしょう。
それで、その場に居なくてもOK。
外出していても、その会社にいる(在籍)していることがこの電話で証明されたらOKです。
個人事業主の場合は、自宅に電話になります。

ところで、この在籍確認は、金融機関からの電話は絶対にイヤ、困る方もいます。
そこで、在籍確認ナシの消費者金融もあります。
それはラッキーですが、その際に提出書類が増えます。
在籍確認の電話が不要な方は、
  • 社会健康保険証
  • 写真入りの社員証
  • 会社名明記の給与明細書
などがある場合です。
ですから、国民健康保険証や社員証も写真がないものなどは証明になりません。
ただ、この在籍確認に関しては、こちらの言い分も多少聞いてもらえるため、直接どのような方法なのかを聞くことができます。
私用電話そのものが禁止の場合は、在籍確認は困難な方が多いようです。

在籍確認が終われば、審査完了です。
希望額の振込、そのままカード発行などで、無事に今日中に現金を手にすることができます。
振込のときには、銀行営業時間内になりますが、少なくとも1時40分くらいまでで在籍確認が終わるのが理想です。
時間との戦いになりますから、朝一番の申込が理想です。
 
today_648.jpg

夜の即日融資はやっぱり無理?

銀行カードローンや消費者金融の申込は24時間ネットで受付とあります。
しかし、実際には、ローン会社が営業時間の審査になります。
ですから、夜中に申込をした時には、翌日の処理になりますし、金曜日の夜の申込のときには、月曜日に審査が始まります。

審査では在籍確認があります。
勤務先に電話をかけるのですが、この時間は会社の営業時間でなくてはなりません。
ですから、夜中の申込、コンピューターで審査をしたとしても、在籍確認はできないので、その時のキャッシングは無理なのです。
必ず、機械審査だけではなく、人の手が介在するので、一応は昼間が大前提の即日融資ということになります。

ところが夜にお仕事をしている方の場合、事前に消費者金融業者に話をしてみてください。
営業時間外でも在籍確認を行ってくれる場合があります。
大手消費者金融では柔軟に対処してくれるようですが、銀行は難しいです。
銀行カードローンの即日融資で、夜の仕事場の在籍確認は無理でしょう。
キャッシング、カードローン商品は在籍確認がとらないと契約は絶対に出来ません。

申込者の情報だけの審査は会社内で行うのですが、在籍確認の電話は難しいです。
在籍確認を書類だけ済ますことができるところもありますが、写真入りの社員証があったり、社会健康保険証のある企業です。
夜の仕事で、それが揃えば良いのですが、消費者金融側でそれを在籍確認と認めるかが大きな問題です。
キャバ嬢の名刺で、お店の名前が入り、社員が入った名刺。
化粧をしていない、本名ならまだしも、キレイにメイクした源氏名は難しいでしょう。

ただ、キャバ嬢の勤め先でも、親会社が昼間の会社を経営していることがあります。
そこでの在籍確認ができればOK。
会社名が、お店ではなく、その親会社名であったとしても、その方がキャバ嬢として働いていると証明できれば解決です。
さまざまなパターンはありますから、説明をしてみてください。
そうなるとインターネットだけの申込ではなかなか伝わらないこともあり、来店が即日融資に有利になります。

今日中にお金がほしいとき、既に夜の場合はどうしても審査に間に合いません。
ですから、そこは諦めて、申込だけして翌日融資にしてもらうことになります。
前日に申込をしていますから、早い時間の現金調達はできます。
 
today_648.jpg

即日融資と金融事故

当然のことながら、金融機関ではキャッシング申込者の審査を行います。
スピード審査が売りの大手消費者金融などでは、コンピューターで行い、その早さを競っています。
最短1時間程度で、在籍確認が早ければ完了です。
ただし、これは平均的なものではなく、あくまでも信用情報などに問題のない方です。

信用情報とは、キャッシングができるかどうの基準になるものです。
ブラックリスト、金融事故などをお持ちの方は、即日融資は難しいです。
属性の低さもキャッシングに影響します。
属性とは、何歳でどんな仕事をしているかが基本的な要件です。
40歳で年収600万円公務員と35歳で年収150万円パートでは、どちらの属性が良いかは一目瞭然です。
40歳の方の信用情報で問題がなければ、1時間程度の審査で即日融資はすぐです。
しかし、ここで過去に金融事故があると審査時間は長くなります。
申し込み時間が遅ければ、即日融資は難しくなります。

信用情報の事故に関しては、自身で認識できますが、債務整理や延滞などで返済に支障が出たことを言いまする
それが10年前とか昔の話であれば問題はないのですが、5年程度の前の話なら、審査は難しくなるか、長い時間かかってしまうこともあります。
それは、各消費者金融によって違います。

銀行カードローンも即日融資ですが、属性などは消費者金融と同じです。
違いとしては、審査基準が違うことです。
特別厳しくなってしまうことがあり、一般的には銀行がダメで大手消費者金融に申し込む形になります。
それでも金融事故がある方、現在多重債務になっている方の場合は、即日融資は無理、キャッシングそのものもダメな場合があります。

銀行カードローンの場合、特典として、その銀行口座があり、住宅ローンなどのローン商品の契約をしている場合、審査が有利になることは多いです。
みずほ銀行カードローン、三井住友銀行カードローン等の銀行系カードローンでは、既に顧客となっている場合は、審査もスムーズになります。
楽天銀行スーパーローンなども、住宅ローン等の方にはスピード審査似なるようです。
この点では、消費者金融よりも有利な審査が展開されることになります。
ただし、金融事故がある場合は実際に審査を受けてみないと難しいでしょう。
ちなみに自己破産経験者の場合、審査の厳しい銀行では、10年くらいのブランクと安定した高収入でなければ、キャッシングできないようです。
 
today_648.jpg

即日融資、中小消費者金融は難しい

即日融資の大手消費者金融に申し込みをしたけれど、見事審査落ち。
そうだ、審査の甘い中小消費者金融に申し込みをしよう。
即日融資は受けられるかな?
最近では、即日融資の中小消費者金融もありますが、この場合の即日融資は無理だと言わざるを得ません。
基本的に、大手でも中小でも銀行でも即日融資ができる、スピード審査を受けられるのは、金融事故がない方です。
ですから、大手消費者金融の審査落ちしてしまう方の場合、中小消費者金融でも審査には時間がかかると思ってください。

審査がない闇金融の場合は、ブラックリストでも絶対に今日中の振込ができますとあります。
多分これは本当でしょう。
審査がないということはそういうことで、誰でも良いから貸してくれるのです。
ただし、審査がない変わりに、返済金利基準もありません。
いくら返せと高い金利でも文句は言えません、相手は闇金融なのですから。

正規金融業者にとっては、審査は一番大切なことです。
仕方のない金融事故だった、不慮のものと行ったとしても事故は事故、過去の経験が現在のキャッシングに影響が出るのは仕方のないことです。
一度でも審査落ちしてしまうと、事故の一つになってしまい、即日融資どころの話ではなくなるのです。

ところで中小消費者金融ですが、即日融資は少ないですが、一応ブラックと言われる方々にも融資のチャンスはあるようです。
それぞれの事情で保障はないのですが、少なくとも収入があり、総量規制の限度額で余裕があれば、相談にも応じてくれます。
ただ、毎月の返済額が大きい、収入が少なければ対応ナシです。
審査ですが、このように大手消費者金融で考えられないほど柔軟です。
そして、コンピューターではなく、人の手で行うのですから、時間もかかります。

そして、最終審査の在籍確認などかいつになるか検討もつかないと言われていて、キャッシングの可否も1ヶ月以上かかることもあります。
審査中、何度も電話がかかってきたり、さまざまな質問があるなど、審査には甘いですが、審査自体は面倒なようです。
本人確認書類だけではなく、提出書類なども多いのですが、ブラックリスト申込者には有り難い存在です。

即日融資は事故なしの方のみ。
ですから、誰でも借りられるような記載はあったとしても、ダメな方もいて、事故に心当たりがある方は、最初から中小消費者金融にいくことをおすすめします。
today_648.jpg